白髪染めをする前に準備する物

白髪染めをする前に準備する物

これまで美容院で白髪染めをしていたけれど、自宅で白髪染めにトライしてみたい!という場合、白髪染めをする前にどんな準備をしておけばよいのでしょうか。

 

美容院ではすべて美容師さんが用意してくれるので、なかなか気がつきませんが実は白髪染めをするときにはいろいろな準備が必要なのです。

 

では自宅で白髪染めをする前の準備について考えてみましょう。

 

準備するものは、

 

 

・使い捨てのビニール手袋

 

・白髪染めを塗るためのクシやブラシ

 

・輪ゴム(手袋の口を止めて水が入らないようにするため)

 

・肩からかけるケープや汚れてもいい大きめのタオル

 

・汚れてもいいヘアクリップ(髪をブロックキングして染め残しのないようにするため)

 

・コールドクリーム(生え際に塗り、皮膚に白髪染めがつかないようにするため)

 

・シャンプー&コンディショナー

 

・鏡 

 

・テイッシュ

 

・床にひくための新聞紙

 

・時計(放置時間を正確にチェックするため)

 

・ヘアカラー用のリムーバー

 

 

などがあります。

 

白髪染めの商品の中にはクシまたはブラシ、手袋やリムーバーなどが付属されているものもあります。

 

カラートリートメントやヘアマニキュア以外の白髪染めは入浴中に使用はできません。

 

白髪染めをする時には前が開けられるシャツや古いバスローブなどを着ておくと、白髪染めが終わった時に脱ぎやすいので便利です。

 

白髪染めを始める前に髪はブロッキングしておきます。

 

髪の生え際や耳の後ろ、フェイスラインの当たりにコールドクリームを多めに塗っておきましょう。

 

 

 

最近は100円均一などで耳をカバーするためのビニールキャップも売られています。

 

白髪染めはお風呂場や洗面所で行う人がほとんどだと思います。

 

床や洗面台はもちろん、近くに置いてある洗濯機などにも新聞紙をかけておくとよいでしょう。

 

特に髪が長い人はしっかりと白髪染めを塗ろうとしたために、思わぬところまで白髪染めが飛び跳ねて汚してしまうことがあります。

 

洗面台や浴槽に白髪染めがついて時間が経ってしまうとなかなか汚れが落ちなくなってしまいますので注意しましょう。

 

 

 

薄めた漂白剤やメラミンスポンジで落とせることもありますが、素材によっては表面が傷ついてしまうことがあるので、メーカーに問い合わせるなどして、適切な方法で対処するようにしましょう。

 

白髪染めを塗り始めてから、足りないものに気がつくと、白髪染めを塗ったままウロウロすることになり、周りを汚してしまうことになりかねません。

 

白髪染めを始める前に必要な物が全部揃っているか、確認するようにしましょう。

 

カラートリートメントやヘアマニキュアは永久染毛剤に比べると必要なアイテムも少なくて済みます。

 

カラートリートメントの中には素手で塗ることができるものもあります。

 

皮膚についたものはせっけんで洗えば落ちますが、爪につくとなかなか落ちないことがあります。

 

爪の間に入ってしまったら、爪ブラスなどで早めに落とすようにするとよいでしょう。