白髪は予防できるか?

白髪は予防できるか?

昔から女性にとって髪は命といわれているほど大切なもの。

 

少しでも遅らせたい老化現象のひとつである白髪を予防することは可能なのでしょうか。

 

残念ながら、老化による白髪は薄毛以上に予防・改善が難しいと言われています。

 

白髪ができるメカニズム自体、解明されたのが数年前のことですから、白髪の予防や改善に効果のある画期的な成分が登場するのは、かなり先のことになるかもしれません。

 

 

 

だからといって「年齢だからしかたない」と諦めてしまうのはNGです。

 

白髪が増えやすい生活習慣を改善したり、健康な髪を作るために必要な栄養素を積極的にとるなどして、これ以上白髪が増えないような努力を続けていきましょう。

 

頭皮環境の改善も白髪の予防に効果があると言われています。

 

頭皮の血行が滞り、頭皮環境が悪化すると毛母細胞に栄養がいきわたらなくなり、白髪や薄毛の原因になるのです。

 

センブリエキスなど血行促進効果のある成分が配合された育毛剤を使って、頭皮のマッサージを習慣にしてみましょう。

 

 

 

また女性の場合、40代以降はホルモンバランスが崩れ、更年期障害の症状に悩まされることがあります。

 

薄毛予防できる育毛剤の中には女性ホルモンに似たはたらきをもつ、イソフラボンを配合したものもあるようです。

 

白髪自体が改善できなくても、新しい白髪が増えないようなケアを続けることで、美しく丈夫な髪が育つようになってきます。

 

この状態で白髪染めを上手に利用すれば、ツヤのある若々しい髪を維持するのも夢ではありません。

 

同じ白髪の症状でもストレスや栄養不足などが原因で起こる若白髪は予防・改善することが可能だと言われています。

 

偏った食事は避け、亜鉛や鉄分、たんぱく質など健康な髪を作るのに必要な栄養を含む食事と摂るように心がけましょう。

 

 

 

若白髪の原因として大きな割合を占めるのが、ストレスです。

 

人間の体はストレスを感じると、知らず知らずのうちにこわばり、全身の血行が悪くなります。

 

うつ病や自律神経失調症の方は肩コリや首の傷みなどを訴えることが多いと言われていますが、それもストレスによる血行の悪化が原因となっていると言われているのです。

 

血行を促進するためには冷えを解消し、体を温めるようにしましょう。

 

シャワーではなく、ゆっくり湯船に浸かること。

 

ウォーキングなどの有酸素運動の他に、筋トレをプラスすれば、冷えはかなり改善されます。

 

適度な運動を習慣にすれば、夜もぐっすり眠れるようになるので、白髪対策としては一石二鳥です。

 

 

 

また、喫煙は白髪や薄毛のトラブルを悪化させる要因のひとつです。

 

白髪が気になり始めたら、年齢にかかわらず禁煙するのがベストです。

 

髪だけではなく、全身のアンチエイジングのためにも、一日も早く禁煙するようにしましょう。