白髪染めとアレルギーの関連性について

白髪染めとアレルギーの関連性について

市販の永久染毛剤を使って白髪染めをする場合、必ず使用する48時間前にパッチテストを行わなければなりません。

 

これは白髪染めの酸化染料に含まれるジアミン系の成分がアレルギーの原因となりやすいためです。

 

成分表の中にパラフェニレンジアミンなと、○○ジアミンという成分が含まれていたら要注意。

 

必ずパッチテストをするようにしてください。

 

 

 

花粉やハウスダスト、食べ物や化粧品による皮膚への接触でもアレルギーを起こすことがありますが、このジアミンによるアレルギー反応では、アナフィラキシーショックと呼ばれる重篤な症状を起こすことがあるのです。

 

ぜんそくやショック症状、皮膚のただれなどの他に、顔が真っ赤にはれて外出できないような状態になってしまうこともあります。

 

また、場合によってはジアミンアレルギーの体質が遺伝することもあるようです。

 

両親のどちら、もしくは家族が白髪染めでアレルギーを起こしたことがあるという方は、欠かさずパッチテストをし、白髪染めは慎重に使用するようにしてください。

 

 

 

注意したいのが、いままで問題なく使えていた白髪染めでも、ある日突然アレルギー症状を起こすことがあるということ。

 

体調などによって症状が出ることもあるので、同じ商品でも毎回パッチテストしなければならないのです。

 

また今までトラブルがなかった白髪染めを誤って頭皮にすりこんだところ、アレルギーを起こしたという例もあります。

 

永久染毛剤タイプの白髪染めはなるべく頭皮につけないようにしましょう。

 

もちろん、頭皮にすりこむのは論外です。

 

一度アレルギーが出てしまったら、それ以降、ジアミン系の成分を含む白髪染めは使用できません。

 

それ以降はカラートリートメントやヘアマニキュアなどを使用するようにしましょう。

 

 

 

これらの刺激の少ないタイプの白髪染めは、パッチテストの実施は推奨されていませんが、ジアミン系の成分でアレルギー反応を起こした経験のある方は、必ずパッチテストをしてから使用するようにしましょう。

 

では植物性の染料を使用した白髪染めについてはどうでしょうか。

 

化学合成された成分が入っていないから大丈夫!と思うかもしれませんね。

 

では植物性の白髪染めであれば、アレルギーは起こらないのでしょうか。

 

 

 

残念ながら、その答えはNOです。

 

ジアミン系の白髪染めでアレルギーを起こしてしまったので、植物性の白髪染めヘナを使用してみたところ、やはりかぶれてしまったという人もいます。

 

植物性や天然由来の成分だからといって、100%安全とは言い切れません。また何によってアレルギーが起こるかは、人それぞれ。

 

カラートリートメントやヘアマニキュアに含まれる成分でもアレルギーを起こすことがまったくないとは言い切れないのです。

 

心配な場合は、どんなタイプの白髪染めであっても必ずパッチテストをするようにしましょう。