パッチテストの重要性

パッチテストの重要性

ドラッグストアの染毛剤コーナーには白髪染めからおしゃれ用のカラーリング剤まで、たくさんの商品が並べられています。

 

このような市販の白髪染めについいる使用上の注意を読むと「使用する48時間前に必ずパッチテストをしてください」と書いてあります。

 

これまで化粧品などでトラブルを起こしたことがないので、大丈夫!と思ってパッチテストを怠ってはいけません。

 

肌につける化粧品と違って、白髪染めには重篤なアレルギー症状を引き起こす可能性がある化学物質が使用されものもあるからです。

 

 

 

ここで白髪染めの成分について詳しく考えてみましょう。

 

市販の永久染毛剤は2つの液体を混ぜて使うようになっています。

 

一剤には髪の表面を覆っているキューティクルを剥がして染料を定着させるためのアルカリ剤と髪に色をつけるための酸化染料が含まれています。

 

アルカリ剤にはアンモニアが、酸化染料にはパラフェニレンジアミンをはじめとするジアミン系の成分が使用されています。

 

そして二剤には髪を脱色するための過酸化水素水、いわゆるオキシドールのような成分が含まれているのです。

 

このように永久染毛剤は髪を脱色しながら、キューティクルを壊し、そこへ染料を定着させていきます。

 

色がしっかりと定着する分、髪や頭皮への負担も大きいのです。

 

 

 

使用する前に必ずパッチテストをしなければならないのは、酸化染料であるジアミン系の成分がアレルギーを引き起こす可能性があるためなのです。

 

白髪染めを使用して起こる皮膚トラブルにはアレルギー性接触皮膚炎と一次刺激性皮膚炎の二種類があります。

 

一次刺激性皮膚は頭皮に傷があったり、敏感肌の方に起こるトラブルでかぶれやヒリヒリ感を引き起こします。

 

 

 

この症状は白髪染めを塗った部分にだけ起こるのが特徴でジアミン系の成分だけではなく、他の成分が原因になることがあります。

 

人によっては髪や頭皮に優しいカラートリートメントやヘアマニキュア、ヘナなどでも起こることもあるのです。

 

これに対して、ジアミン系の成分によっておこるアレルギー性接触皮膚炎はかぶれやかゆみだけではなく、頭皮から湿った膿のような液体が出てきたり、顔が腫れたりといった重篤な症状が起こります。このアレルギー反応を防ぐためにも、パッチテストは必ず行わなければなりません。

 

パッチテストは二剤を混ぜるタイプのものは二剤をまぜたものを、それ以外のものは原液を綿棒にとり、耳のうしろや腕の内側などの目立たない部分に一円玉くらいの大きさで塗布し、自然乾燥させます。

 

この状態のまま、濡らしたりさわったりせずに48時間放置し、皮膚トラブルがなければ、その白髪染めは使用してOKということになります。

 

途中で痒くなったり、赤くなってきた場合はすぐに洗い流し、症状が治まらない場合は皮膚科の診察を受けるようにしましょう。

 

 

 

若い頃から美容院でカラーリングを繰り返しているけれど、パッチテストはしたことがないという方も多いと思います。

 

ほとんどの美容院ではパッチテストの代わりに事前にカラーリング剤や白髪染めでトラブルを起こしたことがないか、確認するのみに留まっているようです。

 

皮膚が弱い方やアレルギーが心配な方は美容院で白髪染めを行う場合も、事前にパッチテストをしてもらうように頼んでみるとよいでしょう。